おそ天 フェイスブック
2015/06/29

人生初の個展終了!(*^_^*)皆様への御礼と決意

20150629

6/13から2週間開催しました、わしの生涯初めての個展「うちゅうのひみつの入り口で」は、無事に会期を終えました。
約100人もの友人・知人・そのお友達などが足を運んで下さり、たくさんの嬉しいフィードバックを頂きました。
みなさん、本当にありがとうございました。
今回のイベントはわしの今後の人生の方向づけを決定した、極めて重要な出来事でした。
この春先、わしは心身のバランスを崩して一月半ほど休養を取らせてもらっていました。
そしてこの休養期間中の多くの時間を、自分自身を見つめることに費やしました。
現在の自分、過去の自分、そして未来の自分。
この時間軸の中で、自分が一番やりたい事は何なのか?
そうした中で湧き上がってきたのが、「絵を描くこと」だったのです。
同時に、過去の自分を振り返るプロセスの中で、「絵を描くこと」にもう一つ重要なファクターが統合されました。
それは、「この世界の仕組みを読み解いて、伝え遺す」という目的です。
この目的は、ずいぶん若い時から頭の隅にあって、でもそれは今すぐ取りかかる仕事ではなく、「いつか時期が来るだろう」といった感じの、遠い将来のものと考えていたものでした。
それが思いがけずこの休養期間中にぐっと距離が縮まり、突如目の前に迫って来たものでした。
NLPの世界観を手掛かりに、絵を描くこと
自分にとっては一致感の高い表現活動ですが、世の中的には極めて新しい切り口であるらしい。
このことは、ブルーオーシャン志向のわしとしては気持ちに弾みがつきましたが、同時にそれ以上の「誰も理解してもらえなかったらどうしよう?」「自己満足かも」といった不安が常に付きまとっておりました。
ですから、今回の作品展にいらして下さったお客様の反応が、今後の人生を考える上でわしにとって何よりも大切な要素だったと言える訳です。始まるまでは、それこそ針のむしろ状態でしたよ、ええ。
;^_^A
そして無事に閉幕。
90人以上の方から、温かいメッセージと共感・共鳴のエネルギーを受け取り、確かな手応えのようなものを感じました。
かくして人生の方向づけが、一つ定まった訳です。
本当にありがとうございました。

MAIL MAGAZINE

メルマガ【おそ天!】

お名前(姓)


お名前(名)

メールアドレス

  • PROFILE

    代表写真

    棟居微貳(Munesue Biny)

    自分の『現在(いま)』に満足できない働き盛り世代に向けて、「自らの意思で健全に自己成長できる機会を提供すること」をテーマに、様々な活動を展開しています。

    スパイラルセラピスト
    メンタルセラピスト(ジェネラティブコーチング)
    チームCST リーダー
    だれでも天才部 部長

  • 最近の投稿

  • カテゴリー